熊谷真喜の業績からみるエコノミーの今|生き抜くための弁護士活用

弁護士

会社の経営についての知識

会社を立ち上げる時は会社法に則って設立・運営していかなければなりません。このとき、熊谷真喜のような弁護士に相談することで、様々な課題をクリアしていくことができます。

海外からの視野

多数の企業の社外取締役を務める熊谷真喜なので、信頼があつい弁護士であるといえます。刻一刻と変化する経済の状況にキャッチアップするための感覚がある弁護士でもあります。

ためになるセミナー

経済界を生き抜くためには常に一歩先をいかなければなりません。そのための方法としてセミナーが活用されています。熊谷真喜が所属する事務所でも、多くのセミナーが開催されています。

企業の規定をしっかりする

人生のパートナーと別れを考えているなら離婚専門の弁護士に相談しましょう。離婚に関するノウハウを持っているので安心して任せられます。

大阪で交通事故の弁護士に相談しませんか?後遺障害を負ってしまった方は、賠償金を増額請求できる可能性がありますよ。

M&Aという言葉を聞いたことがある人も少なくないです。特にここ20年で企業の合併や買収は多く行われるようになりました。熊谷真喜はこのM&Aを得意分野とする弁護士です。弁護士事務所に所属しており、今は多数の企業の社外取締役に就任しています。会社経営と法律は切っても切り離せないものでもあるので、もし企業の経営に関わるのであれば熊谷真喜のような弁護士の役割についても知る必要があります。企業は顧客とのやりとりで利益を創出していきますが、それを支えるには社内の規定がしっかりしていなければなりません。組織が大きくなればなるほど、様々な人が関わってくるので、規定が曖昧なままではトラブルが続出してしまいます。

例えば企業専門の弁護士事務所ではコーポレート・ガバナンスをしっかり考えることが大事です。平時と危機対応それぞれの場合に弁護士が必要となります。例えば危機対応でいうと内紛や社長解任に関すること、不祥事調査の対応などがあります。平時には株主総会や内部統制やコンプライアンスの構築などの相談業務を弁護士は請け負っています。危機に対応するためには平時の取り組みが欠かせないので、常に弁護士の指導を仰ぐことで盤石な経営体制が敷けるのです。M&Aに関しては、友好的企業買収が平時の相談業務で、危機対応が敵対的企業買収ということになります。法律を熟知した人がこれを行うことができますし、敵対的企業買収をしかけられた時にも利益を産めるような交渉が可能になるのです。

税金の支払い額が大きくて悩んでいる方は必見です!新宿にある税理士事務所に相談して、節税対策のアドバイスをもらいましょう。